ブログをWindows ストア アプリに!「第1回:アプリの開発環境を整える」【HTML・CSS・JavaScript】

投稿日時:2013 年 10 月 22 日   ライター:   連載:

こんにちは、ブログA!@attrip(100万PV/月)を運営しているアルパカことアットトリップです!最近、Windows ストア アプリが熱いということで、全5回にかけてWindows ストア アプリを開発していこうと思います。
Windows ストア アプリは、HTML・CSS・JavaScriptを使って開発できるため、これまでのアプリ開発と比べて、入門が非常に簡単になりました。
そこで、僕のブログをWindows ストア アプリにしてみることで、Windows ストア アプリ開発を体験してみようというのが狙いです。

 

そもそもWindows ストア アプリとは?

Windows アプリには、Windows ストア アプリデスクトップアプリの2種類があります。

デスクトップアプリは、量販店で購入したり、インターネットでダウンロードする、従来からあるアプリのことを指します。

それに対しWindows ストア アプリは、Windows 8から登場したアプリで、基本的にWindows ストアからダウンロードします。インストールに複雑な手順が不要で、Windows ストアで欲しいアプリをタップするだけで完了できます。AppleのiPhoneアプリのようなイメージといえばわかりやすいでしょうか。

a2

ストアをタップ

b2

欲しいアプリをタップ

 

Windows ストア アプリ開発は難しい?

世界に存在する多くのアプリと同様に、高機能であったり、目も飛び出るような素晴らしいWindows ストア アプリを作ろうとすれば、それは労力と時間のかかることでしょう。
しかし、Windows ストア アプリは、HTML・CSS・JavaScriptでも開発できるので、敷居が非常に低くなっています。
さらに、Windows ストア アプリには開発テンプレートがあり、基本的なWindows ストア アプリのデザインや機能が実装されているので、はじめはそれを使ってアプリ開発を体験してみると良いでしょう。

Windows 8 アプリ開発体験テンプレート | MSDN

ちなみに、「ブログをWindows ストア アプリにしよう!」全5回では、上記サイトの「RSS Reader テンプレート HTML + JavaScript 用」を使います。

また、Windowsデベロッパーセンターでは、多くのサンプルコードが用意されているので、開発者にとって、とても心強い味方になってくれるでしょう。

Windows Store app code samples and examples in C#, VB.NET, C++, JavaScript

※JavaScriptのサンプルコードを表示するには、上記のリンクから表示されたページの右側にある「英語の検索結果を含む」にチェックを入れてください。

 名称未設定-1

 

Windows ストア アプリの開発環境を整える

Windows ストア アプリの開発には、Microsoftが無償で提供している「Microsoft Visual Studio Express 2013 for Windows」を使用します。

VS

Microsoft Visual Studio Express 2013 for Windows画面

「Microsoft Visual Studio Express 2013 for Windows」をインストールするには、Windows 8.1がインストールされていることが前提となるので、Windows 8を使用している方は、まずWindows 8.1にアップデートしましょう。アップデートの方法は、下記のURL先を参考にして下さい。
Windows 8 から Windows 8.1 にアップデートする – Microsoft Windows

Windows 8.1へのアップデートが完了したら、下記URLにジャンプして、「Microsoft Visual Studio Express 2013 for Windows」をインストールしましょう。

「Microsoft Visual Studio Express 2013 for Windows」ダウンロードリンク:

http://www.microsoft.com/visualstudio/jpn/downloads#d-express-windows-8

【参考】

「Microsoft Visual Studio Express 2013 for Windows」のシステム要件

サポートされているオペレーティングシステム

  • ・Windows 8.1 (x86 および x64)

「Microsoft Visual Studio Express 2013 for Windows」のハードウェア要件

  • ・1.6 GHz またはそれ以上のプロセッサ
  • ・1 GB RAM (仮想マシン上で実行する場合は 1.5 GB)
  • ・4 GB のハード ディスク空き容量
  • ・5,400 RPM のハード ディスク
  • ・1024 x 768 以上の表示解像度の DirectX 9 対応ビデオ カード

 

まとめ

以上で、Windows ストア アプリの開発環境が整いました。次回第2回は、Windows ストア アプリのサンプルを使って、実際にRSSブログリーダーを作ってみます。
また、Windows ストア アプリを開発するにあたって参考にさせていただいたサイトも紹介していけたらと思います。

では、また来週!

 

著者プロフィール

高橋敦彦(attrip)です。月間100万PVのブログ@attripを運営しています。

ページのトップに戻る